イスラム国(IS)・イラク・シリア・クルド情勢

イスラム国(IS)・イラク・シリア・クルド情勢

【動画・トランプ氏・日本語訳】ドナルド・トランプの選挙メッセージをひとつにつないでみた

米大統領選挙で共和党の指名を確実にしたといわれるトランプ氏。まずは、正式に出馬を表明してから出された最初の短い選挙メッセージ(30秒)がこちら。

〔動画〕トランプ氏、最初の選挙メッセージ(2016年1月) (30秒)
「ISISの首を切り落とす」や「南部国境に壁を作りメキシコに費用を負担させる」など強い調子の言葉が並ぶ。最後に出てくるメキシコから越境しているような映像はモロッコにあるスペインの飛び地で撮影された別のものと指摘されている。現在はこの映像は公式サイトでは見られない。

イスラム教徒の一時入国禁止措置」というメッセージの背景は、この1か月前に、オバマ大統領が執務室から全米に中継したIS対策に関する談話の問題がある。このときフランス・パリ襲撃事件があり、そしてロサンゼルスではイスラム教徒夫婦による銃乱射事件が起きていた。映像に出てくる夫婦だ。普通の市民生活をしていた夫婦がなぜ事件を引き起こしたのか、全容はよくわかっていない。オバマではテロに強く対処できないと感じた国民も少なくなかった。
そして現在、公式サイトで公開されている選挙メッセージをまるごとつないでみたものがこれ。以前より、すこしソフトになった。

〔動画〕ドナルド・トランプ選挙メッセージ集 On The Issues (13分)

映像に出てくる「政治的公正性」というのは、差別的偏見をもった人間かどうかのニュアンスも含む言葉なので、アメリカの政治家はみんな気にする。それを頭から否定してかかるトランプのインパクトはすごい。

社会不安が起きたときや雇用への懸念が広がったときに、わざと過激なメッセージを発して人びとの心を取り込もうとするのは、保守・リベラルを問わず政治家はすべきでない。だがトランプ候補がここまで勝ち残ったのは、彼に心を揺らされてしまうアメリカ国民がそれほどいるという現実を示すものでもあると思う。