イスラム国(IS)・イラク・シリア・クルド情勢

イスラム国(IS)・イラク・シリア・クルド情勢

〔トルコ〕アンカラ爆弾事件(4)◆シリア情勢はトルコのクルド問題に直結

◆トルコとISの「関係」
昨年11月のロシア軍機撃墜では、ロシアの大統領報道官が「エルドアン大統領の娘婿が石油ビジネスでイスラム国(IS)と関係」と、トルコとISのつながりを示唆した。トルコとISは関係しているのか。
下の写真は2014年12月にシリア北部のコバニで撮影したものだ。この10日前にここでISによる連続自爆車両攻撃が起きた。クルド組織・人民防衛隊(YPG)戦闘員らは「トルコ軍がISに協力して爆弾車を通過させた」と話し、トルコはISと結託しているという認識だ。一方で、ISはトルコでも爆弾事件を起こし、市民に犠牲が出ている。どういうことなのか。

f:id:ronahi:20160304035612j:plainシリア側から撮影したムルシットプナール国境検問所。赤いゲートの先の建物はトルコ軍が管理する。2014年夏、コバニがISに包囲されて以降、町に残った約2000人の住民のためにトルコのクルド政党やNGOの要請で食糧や医薬品など人道支援物資をシリア側に運び込むことが認められた。だがYPGへの武器供給に目を光らせるトルコ軍は、国境検問所を通過する車両や積荷、シリア難民の身元も厳重にチェックしている。ISの自爆車両はトルコ側からこの検問を抜けて、シリアに入った直後に自爆した。写真右は爆発で破壊された建物。(2014年12月:撮影・坂本)

f:id:ronahi:20160304035629j:plain大量の爆薬を積んだIS車両がトルコ軍の検問所を通過して、シリア領に入ったところで自爆したという。地面には大きな穴があき、周囲の建物は倒壊していた。かなりの爆薬量だ。YPG戦闘員だけでなく、多数の市民が死傷した。(2014年12月:撮影・坂本)
ISはその時の自爆作戦映像まで公開している。ISドローン動画に映るのがここでの自爆攻撃>>

当初、ISはトルコでの爆弾事件は控えていた。それには様々な憶測があって、「トルコ国境を超えてシリア入りするIS戦闘員志願者に目をつぶるかわりにトルコ国内での攻撃はしないという暗黙の了解があった」とか、「イラク・モスルがISの制圧された際、拘束されたトルコ領事ら多数の外交官を解放するために密約を交わした」などというものだ。その真相はわからない。のちにISはトルコ各地で爆弾事件を起こす「方針転換」をしたが、その経緯も不明である。

トルコ政府は、クルディスタン労働者党(PKK)と一体とみなすYPGがシリア北部で広範な自治地域を獲得すると、国内のクルド問題に影響をもたらし、自治要求がひいては分離独立という国家体制そのものを揺るがすことに大きな懸念を抱いている。現在、トルコ軍がイラククルディスタン自治政府のクルド部隊ペシュメルガを軍事支援しているのは、IS掃討の国際連携作戦の一環もあるが、ISを追い出した場所がPKKの手に渡るのを防ぎたいという意図も含まれていると見られる。ISがYPGと戦闘を続けて、消耗させてくれるのであれば、「ありがたい」と思っているのもの本音のところだろう。

f:id:ronahi:20160304051017j:plainシリアが内戦に陥ると、YPGが軍事組織として地域を防衛し、民主統一党(PYD)が政党として勢力を拡大した。建前上はYPGはPYDの軍事部門ではないが、実質上はいずれもPKKが関与している。シリア・クルド地域では、アラブ人やアッシリア人なども参加する暫定自治行政区域(カントン)がアフリンとコバニ全域、そしてカミシュロの一部を含むジャジーラ地域で形成されている。

すでにYPGはシリア北部の広範な地域を掌握し、シリア・クルド政党、民主統一党(PYD)主導で暫定行政地域を発足させている。そしてこのシリア・クルディスタン(ロジャヴァ)での躍進を受け、PKKはトルコでも各地に地下軍事青年部を結成し、PKKゲリラと一体となって軍や政府機関への攻撃を激化させている。

そうしたなかでPKKとの関与を疑われるクルディスタン自由のタカ(TAK)を名乗る組織が爆弾事件を起こし、多数のトルコ軍兵士が死亡した。これがトルコのシリア軍事介入の理由のひとつとなるかもしれない。ISやクルド組織による爆弾事件や、軍の掃討作戦で市民が巻き込まれている。流血はいつまで続くのか。(つづく

f:id:ronahi:20160304044740j:plain昨年、ISはトルコ出身の戦闘員を登場させた宣伝映像をあいついで公開、トルコとPKKを批判している。『エルドアンはアメリカの傀儡・十字軍同盟」などとし、PKKについては「共産主義無神論者」と規定している。(IS映像より)

<< 前へ アンカラ事件(3)◆TAKと「奥深き国家」

>> 次へ アンカラ事件(5)◆トルコはシリアで何を狙うのか

広告を非表示にする