読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イスラム国(IS)・イラク・シリア・クルド情勢

イスラム国(IS)・イラク・シリア・クルド情勢

連載まとめ【写真解説】イスラム国(IS)の映像に映るアジア人戦闘員たち(1)~(4)

武装組織イスラム国(IS)には多数のアジア系外国人戦闘員が参加している。中国、カザフスタンタジキスタンなどの中央アジア、そしてインドネシアなど東南アジアからシリア入りした戦闘員があいついで確認されている。幼い子どもと一緒に家族ごとIS支配地域に移住するグループもあり、イスラム系外国人を国際的に加入するネットワークがあることが伺える。そしてこうした子どもたちが戦闘員として養成されている。映像に映るアジア系戦闘員をまとめた。
記事を読む >> 【1】 【2】 【3】 【4】

f:id:ronahi:20160324175015j:plainイラクで戦死したウズベク人のIS戦闘員。金色の文字は「彼らの血を注ぎしジハード(聖戦)」というような意味。戦死した戦闘員を「殉教者」のように称え、宣伝に利用するが、こうして顕彰されるのは一部の戦闘員だけだ。宣伝映像に感化された若者たちが各国からIS戦闘員に加わってくるが、消耗品のように使われているのが現実だ。(2016年 IS映像)

 

広告を非表示にする