イスラム国(IS)・イラク・シリア・クルド情勢

イスラム国(IS)・イラク・シリア・クルド情勢

【動画・日本語訳】韓国・朴槿恵大統領「新年の挨拶」 2016

【動画】 韓国・朴槿恵(パク・クネ)大統領「新年の挨拶」 2016
韓国・朴槿恵大統領の新年の挨拶。ハングルはできないのですが、ネットで探したらあったので、それを字幕にして動画にあててみた。たぶんあってると思う。北朝鮮金正恩の「新年の辞」が28分なのと比べると、なんともえらく短い新年の挨拶。あたりさわりのない「新年の挨拶」という点では安倍首相(2016年・新年の所感)も、大差ないかも知れない。ただ日本では新年所感とは別に「総理・年頭会見」があるように、国によって新年挨拶の位置づけも違うのだろう。

むしろ、新年の挨拶で国民に決意や覚悟を迫る指導者のほうが、国の大変さをあらわしているようで怖かったりする。下のリンクのフランス・オランド大統領なんかは、パリ連続襲撃事件があって、沈痛な「挨拶」になっている。犠牲者を哀悼し、兵士、警察官、医療チーム、ボランティアに感謝の言葉を述べるとともに、国民に結束を呼びかけている。

ゆえに東日本大震災のあった年の翌新年(2012)の総理所感(野田首相)が、地震原発事故や被災者について、ほとんど触れなかったのは、逆にすごいと思う。

「新年の挨拶」が平穏ということは、悲しい事故や事件が起きなかったことの裏返しでもあるわけで、心に残らない言葉が並ぶほうがじつはいいのかもしれない、と思っている。