読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イスラム国(IS)・イラク・シリア・クルド情勢

イスラム国(IS)・イラク・シリア・クルド情勢

【音声動画】歌から読み解くシリア・イラクでの戦争(12) イスラム国(IS)中国語の宗教歌で聖戦呼びかけ(日本語訳)

12月7日、武装組織イスラム国(IS)はサイト上で「聖戦」を呼びかける宗教歌ナシードの中国語版を公開した。「聖戦士(ムジャヒッド)」はジハード戦士のこと。歌詞は以下の通り(一部意訳)

【IS音声動画】我らは聖戦士(ムジャヒッド)  (転載禁止)
我らは聖戦士(ムジャヒッド)
恥知らずな敵は 恐怖に陥るだろう
戦場での死こそ我らの夢
1世紀に渡り奴隷にされた赤裸々な記憶を残し
無知に眠り続ければ ただ悪夢が続くだけ
目を覚ませ!ムスリムの兄弟
今こそ目覚める時 信仰と勇気を持ち
失った教義を履行せよ
我らが今日に至り守ってきたコーランと聖なる教え
誰もどんな力も 我らの前進を止めることはできぬ
御主の道のため戦わん 偉大なアッラーの命令
聖人の指令のもと 武器をとり 抵抗するのだ
イスラムの栄光は すでにその歴史に残った
その輝きを取り戻すことが 闘いの向かいし先

ISはこれまでアラビア語のほか、フランス語、英語、ドイツ語、ウイグル語、トルコ語など、様々な言語でナシードを制作し、公開してきた。 ナシードとは本来、イスラムの宗教賛美歌でアッラーへの賛歌や自然への感謝などを織り込んだ崇高な歌である。ISの場合はこのナシードに戦闘称賛や指導者 バグダディ師への忠誠を盛り込むなどして、独自の曲をつくってきた。そのほとんどが楽器をともなわない男性ボーカルによるもので、たいていひとりの男性歌手(ムンシッド)が、デジタル複製で異なった音階を重ね合わせコーラス調に仕立てているのが特徴だ。 ISのプロパガンダ映像では繰り返しこうしたナシードが挿入されている。これまでウイグル語でのナシードは公開されていたが、中国語によるナシードはおそらく初めてと思われる。

f:id:ronahi:20160204143101j:plainイスラム国(IS)には中国からの戦闘員も多数参加しているといわれる。中国・新彊のウイグル人も含まれ、子どもを伴ってシリア入りした家族もいる。写真はイラクバグダッド近郊でイラク軍を襲撃する映像に映った東洋系の戦闘員。(イラク・IS映像)

この中国語の歌詞は聖戦(ジハード)への参加を呼びかけるものとなっており、アッラーのために命を捧げよと鼓舞している。ISにはたくさんの外国人戦闘員 がいるが、中国からはウイグル人も含めて、数百人が参加しているとみられている。今回、公開されたナシードは、中国語(北京語)で中国圏のイスラム教徒にISへの参加を呼びかける意図があると思われる。ISは「中国共産党政府はウイグル人などイスラム同胞を抑圧する無神論者・不信仰者(クッファル)」と規定している。ISはこれまで中国国内での武装闘争への呼びかけを公然とは行なってはいなかったが、中国での活動を視野に入れた新たな方針を打ち出した可能性もあり、今後の動向が注目される。
<< 前へ (11)  シリア・クルド女性部隊YPJ~銃をとる女性戦士たち

次へ >>(13)IS・ウイグル語ナシード~過激映像で「カリフ国」の正当性歌う

◆IS・イラク・シリア・クルド情勢の
新着記事はツイッターで案内しています>>

広告を非表示にする