読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イスラム国(IS)・イラク・シリア・クルド情勢

イスラム国(IS)・イラク・シリア・クルド情勢

動画【PKK・日本語訳】クルディスタン労働者党(PKK)カラユラン司令官・ 2017 ネウロズ声明(演説)全文

◆クルド関連 ◆各国・各組織声明文 ◆IS以外の武装組織

◆トルコ治安部隊とPKKの衝突激化
クルドの新年ネウロズ(3月21日)を迎えるにあたり、クルディスタン労働者党(PKK)のカラユラン司令官は、ゲリラ・キャンプで演説した。2013年にはトルコ政府との一時停戦に合意したPKKだが、その後、全面戦争路線に転じ、トルコ南東部でトルコ軍や治安部隊と激しく衝突している。その背景には、エルドアン政権の強硬姿勢やシリア情勢、イスラム国(IS)の台頭などいくつもの要因がある。PKKはゲリラ部隊に加え、南東部の町々で準軍事民兵を組織し、治安部隊と衝突している。トルコ政府はPKKを「テロ組織」とし、掃討作戦を進めるが、南東部では双方の衝突で住民が巻き添えとなったり、家屋が破壊されるなど深刻な被害も出ており、国連機関は懸念を表明している。以下はPKKカラユラン司令官の声明(演説)全文。(一部意訳)

【動画・日本語訳】カラユラン司令官ネウロズ声明(2017年3月・クルド語)転載禁止

軍事教練課程を修了したPKKのゲリラ戦闘員を前に演説するムラット・カラユラン人民防衛中央隊総司令(中央)。左の女性はゾザン・チェウリク(YJA-STAR)司令官、右はイルファン・アメッド司令官。場所はイラク北部の山岳地帯カンディルにあるゲリラキャンプ。PKKは昨年、ゲリラ増員の方針を打ち出し、クルド青年に参加を促してきた。演説では今月起きたイラク・シンジャルでのクルディスタン民主党(KDP)との衝突についても言及。KDPはトルコと結んで、勢力拡大を図るPKKに対抗し、緊張が続いている。

PKKカラユラン司令官ネウロズ声明 (演説)2017

同志諸君、ネウロズの日は、わが人民の歴史において重要な位置を占めてきた。ネウロズは自由を導く吉報を伝える日であり、闘争と勝利の日であった。我々、クルディスタン・ゲリラ戦士は、オジャラン指導者と獄中の同志のために、このネウロズの日を祝う。

クルディスタン全人民、この地域の人民、すべての同志たち、戦いに殉じた烈士の家族、烈士の母たちのためのネウロズをここに祝うものである。

現代の英雄カワたる烈士マズルム・ドアンとともに、革命闘争に殉じた烈士たちを追悼し、決意をあらたにする。そして先日、烈士となったフェルゼンデ司令官、マルディン管区のソロ司令官、同志ズナリン、バハザット、ロジハットたちを追悼する。
訳注:英雄カワ=ネウロズ伝説の物語に出てくる鍛冶屋の男。暴君を倒した英雄として知られる)

加えてシンジャルで殉じ、父と兄も烈士であるオルハン・バラン、そしてチェクダル烈士を追悼する。さらに、シンジャルの英雄たち YBŞ(シンジャル抵抗隊)のアメッド・シェンガリ、ショラシ・シェンガリ、チヤ・ゼルデシュト、アリフ・シェンガリ、テコシンらの烈士同志たちを追悼する。

訳注:シンジャル抵抗隊 YBŞ=PKK系のヤズディ教徒の戦闘部隊。住民防衛などの目的で編成された。2014年、ISによるシンジャル襲撃時、クルド地域政府のペシュメルガがヤズディ住民を置き去りにして逃げ、虐殺や女性拉致を招いた。これに対し、PKKはIS地域に突撃して住民の一部を救出したことから、相当数のヤズディ教徒にPKK支持が広がった)

クルド人女性、ナゼ・ナイフ・クァワルにも追悼の意を表する。これら烈士たちは我々の誇りであり、私たちの道を照らした光であった。自由クルディスタンのもとに、烈士たちの名誉は我々の心に刻まれるだろう。

同志諸君、わが人民は2017年のネウロズを迎えた。いま、自由クルディスタンへ向けた闘争は重要な局面を突き進んでいる。
現在、わが地域では戦争が進行中である。この戦争ではクルド人民が主要な役割を担っている。この地域は再編され、クルド人民がこの地に確固とした場所を獲得することになるだろう。

自由クルディスタンを建設する時が到来したのだ。もはやこの事実を否定できる者などいない。クルディスタンを占領する植民地主義者は、この現実を十分知っている。イランは秘密裏に動くが、他方、トルコは剣を握って、公然とその姿をさらしている。

AKP(公正発展党)とMHP(民族主義者行動党)の戦略的狙いは、クルド人民が自由と地位を獲得するのを阻止することである。ゆえに、この2年にわたり、彼らは激しい攻撃を加えてきたのだ。
現在、オジャラン指導者に対し、世界にも類例なき隔離拘禁と精神的拷問攻撃が加えられている。同時に、わが町々、ジズレ、スル、シュルナック、ヌサイビン、ヘゼヘ(イディル)、ゲヴェル(ユクセコヴァ)、シロピ、ファルキン(シルヴァン)が破壊攻撃にさらされている。1万におよぶクルドの政治運動家が投獄された。いままさに、わが人民のあらゆる尊厳が攻撃を受けている。
これらの攻撃は、バクール(北=トルコ・クルド地域)に限ったことではない。ロジャヴァ(西=シリア・クルド地域)、そしてバシュール(南=イラク・クルド地域)でも同様である。クルディスタン自由闘争を敗北させるため、クルド人民とその革命に対し攻撃を加えているのだ。

彼らは自身を強いと思っているゆえに、我々を攻撃するのではない。自身が弱いからこそ、我々を攻撃するのだ。自由クルディスタンの到来を恐れているのだ。一方で彼らは、我々に対する戦争に勝てないと知っている。
ゆえにトルコ軍将官は、クルディスタン内のアラブ人部族やいくつかのクルド勢力と会合を重ね、彼らがロジャヴァ(シリア・クルド地域)に対して戦うよう仕向けてきた。村落警備隊の頭目たちとも会合を持ち、金銭まで提供している。

訳注:村落警備隊=トルコ政府がPKKの活動を封じるため、村落地帯でクルド人を編成し、武器を供与して地域防衛任務にあたらせている。親政府系のクルド住民のほか、拒否すればPKK支持とみなされるためしかたなく警備隊に参加する者もいる)

北部(トルコ・クルド地域)において、クルド人どうしを反目させ戦争に仕向けるためだ。AKPとMHPに主導されたトルコ国家は、幾多の工作と南部(イラク・クルド地域)での策謀をもって、クルド内戦化を企てている。

すべてのクルド人の自覚のある者たち、そして民主主義者は、植民地主義者のこの策謀を警戒せねばならない。

いまクルディスタンは自由を勝ち取る局面を迎えている。2017年のネウロズは、自由と勝利のネウロズである。今日、この日、クルディスタンのすべての政治、人民とで団結を構築し、国民民主会議として結ばれることを呼びかける。

この団結は、クルド人民と自由クルディスタンの未来を決定するものとなろう。クルド人の政治は、その手腕と対話によって解決を導くべきである。そうでなければ、MHPが主張するごとく「クルド人など踏みつぶす」が現実のものとなってしまう。

「時代遅れの者たちに、諸問題を解決できるわけなどない」と言う者もいるだろうが、これほどの恥はない。解決策は対話を通じてもたらされるのだ。攻撃や脅迫を通じてではない。

シンジャルで、戦闘行為に従事していない一般住民への発砲事件が起きた。これが許されようか。彼らはクルド人であり、ヤズディ教徒である。クルディスタンの革命を担う者なら、そしてこの国の政治家であるなら、シンジャルのヤズディ女性たちに責任を負っているはずだ。

現在もヤズディ女性はダアシュ(イスラム国)に拉致されたままである。我々がすべきことは、彼女たちを殺すことではなく、救出することである。クルドの娘たるナゼ・ナイフを殺したことをどう正当化するというのか。平和的な行進をしていただけの無防備の市民である。これはいったい何を意味するのか?
訳注:ナゼ・ナイフ=ヤズディ女性団体のメンバーで今月、PKK系団体がシンジャル近郊のハナソルでデモ行進をした際、クルド地域政府の治安部隊やペシュメルガとの衝突で死亡。PKKとクルド地域政府がハネソルの主導権を巡って対立が先鋭化。PKKは「クルド地域政府とクルディスタン民主党(KDP)が発砲して殺害」と非難)

これがペシュメルガの姿か? どうすれば司令官はそんな命令を出せるのか? これを恥でなくて何というのか? 我々は、ひとつの課題に向けて取り組んでいるのであり、これはわが人民の利益となることをすべての者が知らねばならない。

誤った政治はクルド人民とクルディスタンの利益を脅かすものとなる。ゆえに、いかなる過ちも犯すべきではない。現在の局面はクルド人民の闘争の勝利の展望を提起している。まずなすべきは、植民地主義たちの策謀に対してクルド人民が闘争を闘い抜くことである。その先にこそクルド人民の展望が切り開かれるのだ。

今日は重要な日である。わが人民のすべてが、この大いなる日を祝っている。とりわけアメッド(ディヤルバクル)と、バクール(トルコ・クルド地域)全域において、AKP-MHPのファシスト集団に対するネウロズの炎を高く燃やし、結集し、自由と民主主義のメッセージを届けるのだ。

同志諸君! この大いなる祝福の日に、アポロ軍事キャンプ、マハスム・コルクマズ教育隊、ハキ・カレル教育隊での教練が達成された。今年は、ここを含む12の教育隊で軍事教練が達成された。教練を通じ、自由クルディスタン・ゲリラ戦士の強化と高度な専門技能が獲得されることを願っている。21世紀のゲリラは、現代的な技術を戦術に応用し、大いなる創造性のもとに勝利を勝ち取る。

この4年、我々は人民防衛軍(HPG)の再編を進めてきた。この軍事教練修成をもって、再編工程も最終段階を迎えつつある。ゲリラ戦士は、クルディスタンの人民をいかなる場所でも防衛する使命がある。この歴史的局面にあって、戦闘現場で不屈の姿勢を貫かねばならない。

オジャラン思想と自己犠牲精神で武装されたクルディスタン自由ゲリラ戦士は、烈士チヤゲル、アザッド・シセル、デヴリム・アメッド同志らの遺志を受け継ぎ、2017年の戦いを担い、勝利の年へと導くだろう。

「PKKは3月、4月には敗北し、消え失せるだろう」などと敵は主張している。わが人民が知るべきは、AKP国家は心理戦争を仕掛けているのであり、その9割は虚構に満ちたものということだ。
クルディスタンの自由への前進を止めることなどできない。この歴史の流れを変えることは誰にもできない。勝利はわが人民のものである。
敵は我々に戦いを挑みかけている。だが、我々にはこの戦争への準備ができている。ここの同志たちは軍事教練を達成した。司令官たちは、黒海、デルシム(トゥンジェリ)、アメッド(ディヤルバクル)、ボタンの各戦線での戦闘任務を切望している。

我々と敵の間に誰かが割って入ることはありえない。トルコ国家主義やAKP-MHPファシスト集団が我々との戦いを望むなら、彼らと我々の間にクルド人は割って入るべきではない。

クルディスタンに自身を捧げた戦士たる我々は、この戦争で失うものなどない。わが人民の利益を守ることが目的であり、この歴史的局面において、この使命を果たすものである。

マハスム・コルクマズ、ハキ・カレルの各軍事キャンプにおけるオジャラン思想に基づいた軍事教練は、勝利の礎石を築くことになろう。

この信念のもと、今日、軍事教練を達成した同志たちを祝い、勝利を願うものである。2017年のネウロズから始まる新たな闘争は、オジャラン指導者の釈放とクルディスタンの前進を領導するものとなる。ネウロズの炎が、自由へ向けた歩みを切り開くだろう。未来はわが人民のものであり、クルディスタン人民のものである。

ネウロズ万歳!
オジャラン指導者万歳!
わが命と血はオジャラン指導者のために!
オジャラン指導者なくして我々はない!

f:id:ronahi:20170326115121j:plain

トルコでは治安部隊とPKKの衝突が続く。今回のカラユラン声明に出てくるトルコ南東部マルディン県ヌサイビンは激しい戦闘が起きた町のひとつ。戦闘で住宅地が広範囲に破壊され、家を失う住民があいついだ。(2016年・クルド・メディア写真)

f:id:ronahi:20170326115159j:plain

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は今年3月、トルコ南東部の人権状況に関する報告書を発表。トルコ治安部隊とPKKとの衝突とその掃討作戦の過程で多数の住民が家を失い、2015年7月~2016年12月までに35万人余りが避難生活を余儀なくされ、深刻な人権侵害が起きているとした。報告書では、マルディン県ヌサイビンで破壊前と破壊後の写真を比較。(OHCHR報告書写真)

f:id:ronahi:20170308173546j:plain

図はクルディスタンにおけるPKK系組織の相関図。PKKはクルディスタンでの戦いを「植民地主義の占領による収奪と民族存在・文化抹殺攻撃」と規定し、これに対する闘争を、クルディスタン自由闘争と呼んでいる。ロジャヴァ(シリア・クルド地域)での戦いも、こうした思想が色濃く反映されている。オジャランが提唱した民主的共同体連合(デモクラティック・コンフェデラリズム)によって各地の政治組織が包括される、とする思想に基づいて関係性が構築されている。アメリカはPKKを「テロ組織」と規定する一方、IS壊滅作戦でPKK系のシリアの人民防衛隊(YPG)が主導するシリア民主軍(SDF)に軍事支援するなど複雑な状況となっている。

◆IS・イラク・シリア・クルド情勢の
新着記事はツイッターで案内しています>>

広告を非表示にする

イスラム国(IS)壊滅作戦~アメリカによるシリア民主軍(SDF)への軍事支援

◆クルド関連 ◆IS以外の武装組織 ◆IS関連

◆アメリカからの装甲車供与~軍事と政治のはざまで
イスラム国(IS)との戦いを進めるシリア民主軍(SDF)とクルド・人民防衛隊(YPG)は、IS拠点都市ラッカへの包囲網を狭めつつある。有志連合軍は、IS拠点に空爆を続け、米軍特殊部隊はシリア領内でSDFと行動をともにしている。軍事支援も進むが、そこには政治バランスもからみあう。

f:id:ronahi:20170307205730j:plain
f:id:ronahi:20170307205741j:plain

アメリカによるシリアのクルド組織への最初の軍事支援が武器弾薬投下作戦だった。2014年10月、シリア・コバニがISに制圧される寸前にまでいたった際、町を死守していたYPGの弾薬はほぼ尽きかけていた。イラククルディスタン地域政府はペシュメルガ部隊の援軍約150名をトルコ国境から派遣。また米軍機は上空からYPG地域に武器弾薬を投下した。このときアメリカはトルコを刺激しないよう、「イラク・クルド政府から頼まれた物資を輸送機で運んできて投下しただけ」と弾薬支援に一応の理由をつけた。YPG地域はわずか2キロ四方しかなく、ISの対空砲撃もあり、一部の投下物資が目標をはずれてIS地域に着地。当時、IS系メディア・アマーク通信はその映像を公開、IS戦闘員が「我々の戦利品だ」などと話している。(写真はIS系アマーク通信・2014年10月)

オバマ政権時代にも、シリア・クルド勢力に小火器などの武器支援、特殊部隊による戦闘訓練は行なわれてきたが、その実態が大きく報じられることはなかった。NATO同盟国トルコへの配慮が理由のひとつだ。トルコはYPGをクルディスタン労働者党(PKK)と一体の組織とみなし、アメリカもPKKについては「テロ組織」と規定している。アメリカにとっても「YPGに武器供与」となれば、「ISというテロ組織を壊滅させるために、別のテロ組織を支援している」と国際社会に受け取られかねない。ゆえにアメリカ側はおおっぴらには公表しなかったし、YPGもアメリカからの具体的な援助内容を伏せてきた。

f:id:ronahi:20170307205915j:plain

米軍は2015年10月にもSDFへの武器弾薬投下作戦を行なっている。このときはシリア東部ハサカのISとの前線に向けて、AK-47、M-16などの自動小銃と弾薬あわせて50トンが、戦闘機の援護を受けたC-17輸送機編隊によって投下された。その際、「シリアのアラブ連合組織への武器支援」とされ、シリア・クルドという表現を意図的に使わなかった。この表現が現在にもつながっている。写真は投下作戦について説明する有志連合報道官、米軍のウォレン大佐(当時)。(2015年・米国防総省映像)

f:id:ronahi:20170307210034j:plain

これが今年1月下旬に映像で確認されたアメリカが供与した装甲車輌、インターナショナル・アーマード・グループ(IAG)社のガーディアン。ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリーのサイトではフォード社のF550をベースに装甲化したタイプとしている。(SNSで出た写真)

ISが拡大し、世界各地で襲撃事件を繰り返すようになると、有志連合軍は一致してIS対抗勢力への支援を拡大した。有志連合軍はサイト上で連日、作戦状況を広報しているが、イラク軍やイラク・クルド地域ペシュメルガ部隊への支援や連携映像は詳細に伝える一方、シリアでの作戦は空爆映像を除いてほとんど出さない。やはりトルコへの配慮が大きいからだろう。

f:id:ronahi:20170307210152j:plain

装甲車輌供与はトランプ大統領就任のタイミングが重なったこともあり、「トランプからのプレゼント」とも報じられた。米国防総省報道官は、一連の報道について「以前から予定されていた支援策の実行であり、ISと戦うシリアのアラブ連合組織に装甲車輌を供与した」とした。このときもアラブ連合組織とし、クルドやYPGとの表現を避けた。右のIAG装甲車はSDFの旗だが、後続のトラックはYPGの旗である。

f:id:ronahi:20170307210256j:plain

一方、トルコ・メディアはこの支援を「アメリカがテロ組織に装甲車を供与」とする扱いで報じた。トルコ政府はアメリカに対し、武器支援の懸念を表明し、「YPGがISを追い出した後に獲得した地域がトルコの安全保障上の重大な脅威となる」と伝えている。またトルコ軍はYPG拡大阻止のため、IS掃討を名目にシリアに越境介入している。写真はトルコの新聞紙面。

YPG主導のSDFがISへの攻勢を強め、IS「首都」ラッカ包囲にまで及ぶ状況となったいま、アメリカはYPG・SDFをISと戦える有効な対抗勢力と明確に認めるようになった。当初アメリカが支援していた自由シリア軍系組織が離合集散するなか、クルド側は頑強にISと戦い抜いてきた。またIS対策に強硬姿勢で臨むと表明してきたトランプ政権の誕生も重なっている。

もちろんアメリカはPKKがトルコで自爆攻撃や武装襲撃をする組織であることを十分に知っていて、YPG・SDFに全幅の信頼を置いて軍事作戦を進めているわけではない。とくにアメリカ製の武器をYPGがトルコ軍に対して使うことを懸念している。これまで一連の作戦には、小規模ながらクルディスタン愛国同盟(PUK)のペシュメルガ特殊部隊が一部同行している。イラク・クルド地域の、それも方言がまったく異なるPUK部隊がシリアにいるのは、「監視役」として、YPG・SDFが暴走しないようにしているため、と自分なりには推測しているところだ。

f:id:ronahi:20170307210431j:plain

アメリカからの武器供与報道については、YPGのレドゥル・ハリル司令官兼報道官も直ちに声明を出し、「我々は対IS戦において、有志連合からの装甲車などの武器支援を受けてはいない」とした。このYPG声明は一応は事実である。しかし実際のところを言えば、SDFを主導しているのはYPGで、戦闘現場でその装甲車輌を使っている戦闘員にはYPGも含まれている。あくまでも武器を供与した相手はISと戦うアラブ連合組織としておいたほうがアメリカには「都合がいい」という背景もある。そしてYPG側も犠牲を払ってラッカ攻略戦を戦うには政治方針や思惑がある。(画像はYPG・2017年2月1日付声明)

シリア内戦が始まり、YPGが結成された当時、「実質的にはPKKと見られてるんだから、PKKの名前でいいのに」と思った。のちにYPGがアラブ組織と合同でシリア民主軍(SDF)を編成したときには、「また新組織か。ややこしい」と感じた。ところが、こうした「使い分け」が、ときに組織にとって政治的には有効である現実を知った。
世界的な脅威となったIS。その戦いのなかにも、各国や各派の思惑がからみあい、「共通の敵=IS」を相手にしながら、軍事と同時に、政治が複雑に動いている。

f:id:ronahi:20170307210657j:plain

先月24日、米中央軍(CENTCOM)司令官ヴォーテル大将がシリア・コバニとラッカ近郊の前線地帯に入り、クルド部隊と接触した。ラッカ攻略をめざす「ユーフラテスの憤怒作戦」の最終的な詰めをした模様だ。司令官は昨年5月にも現地入りしている。先月には、米軍地上部隊の増派に言及するなど対IS戦への積極姿勢を見せ、今後さらに支援が拡大するのは間違いない。トルコの反発が予想されるが、このタイミングでの司令官訪問には、ホワイトハウスがISの即時的壊滅の計画策定提出を国防総省に求めたことも影響しているのではと米メディアは伝えている。司令官の訪問直前には、共和党・マケイン上院議員も現地を視察。これらの大物がシリア現地に行くのは、関係国に対するアメリカの意志表示でもある。写真は先月6日、フロリダの基地でのトランプ大統領とヴォーテル大将。(米中央軍公表写真)

f:id:ronahi:20170307210730j:plain

今回、ヴォーテル大将のシリア入りにあわせ、米中央軍はツイッターで「シリア北部」としていくつかの写真を出した。それでも政治的配慮が見られ、YPGを示す旗や部隊章などは出さないようにしている。(米中央軍公表写真)

f:id:ronahi:20170307210951j:plain

これは2014年1月のコバニ。当時、戦闘激化でYPGが戦闘員を増やすなか、戦闘服が足りず、セーターにジーンズ姿も。武器はシリア政府軍やヌスラ戦線から鹵獲するなどしてかき集めた。(2014年1月・撮影・アジアプレス・玉本)

f:id:ronahi:20170307211035j:plain

それから3年経っていまはこんな状況に。場所はシリア・クルド地域のアフリンと思われる。これはHAT(対テロ特殊部隊)の女性隊員。YPGが軍事戦闘組織である一方、HATは治安警備組織(アサイシ=警察)に属するが、基本的には地域防衛を担う両輪として一体の機構といえる。シリアで銃といえばカラシニコフばかりだったなかで、クルド組織がこれだけの装備を持てるまでになったのは、武器供与を伺わせるものでもある。左はCAA RONIキットをつけたハンドガンで、右の自動小銃オーストリア製のステアーAUGではないだろうか(間違ってたらすみません)。(SNS写真より)

◆IS・イラク・シリア・クルド情勢の
新着記事はツイッターで案内しています>>

広告を非表示にする

イラク・シリアに飛んでいるオスプレイ~イスラム国(IS)との戦いにも投入

◆IS関連 ◆クルド関連

イラクでは米軍が2007年から運用、IS壊滅作戦にも
日本で何かと取りざたされる米軍の垂直離陸輸送機オスプレイイスラム国(IS)との戦いの現場でも投入され、イラクだけでなく、シリアでも飛んでいる。

f:id:ronahi:20170224054546j:plain

イラクで米軍がオスプレイを運用するようになったのは2007年、海兵隊の任務に使われたのが最初と記録されている。イラクでの運用が始まってもう10年になる。当時から米軍による武装勢力掃討作戦は続いていた。写真は2007年、バグダッド空港での米軍オスプレイ。(米軍公表写真)

シリア北部では、ISとの戦いを進めるクルド・人民防衛隊(YPG)、シリア民主軍(SDF)が展開する地域に派遣された米軍特殊部隊がオスプレイを運用している。イラクでのオスプレイ映像はけっこうあるが、シリアでの飛行についてはほとんど公表されていない。

【動画】シリア北部を飛んでいると思われる米軍オスプレイ(2016)
昨年9月頃、ネット上にアップされた動画。個人がシリア・クルド地域で撮影したものと見られる。クルド語で「あれ、なんだ?」と話す声が聞こえる。シリアのクルマンジ方言なので、イラクではなくシリア領内と推測される。(YouTubeより)

実際にシリアでオスプレイを自分で見たわけではないので、これまでネット情報だけでは確証は持てなかった。そこで先日、シリア北部にいるSDFの戦闘員にメッセージを送り、写真も見てもらったところ、「ヘリコプターみたいな飛行機のことだろ。だいぶ前から飛んでるよ」という返答だったので、米軍がシリアで運用しているのはまず間違いないだろう。

f:id:ronahi:20170224053154j:plain

シリアでオスプレイが飛んでいるという話は昨年夏ごろSNS上でも出ていた。これは2016年6月撮影の衛星写真。ウォッチャーのあいだでは、駐機中の各種機体を図のように推測、そのSNS情報をもとに図を再現してみた。この場所はコバニ郊外にあった元セメント工場で、一時、ISの支配下にあったが、のちにクルド勢力が奪取。セメント運搬トレーラー用の車輌置き場が発着場として米軍に提供されたようだ。ここからISの「首都」ラッカまでは直線で75キロ。現地に派遣されている米軍特殊部隊が運用し、SDFへの武器支援も行なっているものとみられる。どこからシリアまで飛んでくるかというと、基本的にはイラクにある基地といわれる。

オスプレイがシリアで作戦に投入されたと最初に報じられたのは、2015年5月。東部デリゾールで、米軍特殊部隊が初めてシリア領内で遂行した地上でのIS幹部の殺害作戦に、ブラックホーク・ヘリとともにオスプレイV-22が使われた。当時は一時的な作戦任務だったが、現在はシリア北部の発着場で米軍特殊部隊の移送や武器運搬として常時運用されるまでになっている。

f:id:ronahi:20170224053249j:plain

シリアのYPG・SDFとともにIS壊滅作戦を進める米軍部隊。派遣された人数は明らかにされていないが数百人規模といわれる。トランプ政権は、IS掃討をさらに強化すると表明しており、人員はさらに増派される見込みだ。映像は昨年クルド系メディアが報じたもの。派遣されているのは海兵隊特殊部隊と見られる。(クルディスタン24映像より)

オスプレイを始めとしたさまざまな兵器・武器の作戦投入によって、実戦データも蓄積されるだろう。どこの国でも軍隊は、最新兵器を欲しがるものである。軍需産業はたくさんの「顧客」の要望に応えるべく兵器開発を続ける。実戦での実証データがあるほど、兵器は洗練され、売りやすくもなる。ゆえに、戦争はいつの世もなくならないだろうし、それを利用しようとする大国の政治家や企業も消えることはない。第2次世界大戦以降、最大の難民を生んでいるこの21世紀の戦争はまた、実戦データを集める格好の場であり、最新兵器の見本市ともなっている。

f:id:ronahi:20170224053415j:plain

米軍主導の有志連合軍によるIS壊滅を目指す戦い「生来の決意作戦」に投入されているF-22ラプター。実戦での運用を重ねるほど、戦闘での実証データは集まり、改良や新兵器開発にもつながっている。イラク・シリアがその現場となっている。(有志連合軍・CJTF-OIR写真)

f:id:ronahi:20170224053613j:plain

トランプ大統領は1月21日、米中央情報局(CIA)本部でスピーチ。「(アメリカが)イラクに行くことに私は反対だったが、その後、イラクに入ってしまったのなら、そのあとが失敗だった。石油を我々が押さえておくべきだった。だからISが石油を奪ってしまった」と述べた。その石油はイラク政府のものではないかと思うのだが…。アメリカのイラク侵攻の建前は一応、大量破壊兵器の脅威だったのに、「石油は押さえておくべき」との本音トーク。あのときアメリカの建前に従って米軍のイラク攻撃を支持した日本の立場はどうなるのか。(ホワイトハウス公表映像より)

f:id:ronahi:20170224053628j:plain

2月21日、トランプ政権になって初めてイラクを訪問したマティス国防長官。先月のトランプ大統領のCIA本部での「石油発言」について記者に問われ、「石油を押さえるためにイラクに来たのではない」と弁明する羽目に。大統領の暴走トークのフォローをさせられるほうも大変である。写真はIS壊滅作戦を進める有志連合軍作戦司令部を訪れたマティス長官。(国防総省公表写真より)

◆IS・イラク・シリア・クルド情勢の
新着記事はツイッターで案内しています>>

広告を非表示にする

【動画・シリア民主軍SDF声明・全文】イスラム国(IS)「首都」ラッカ攻略の第3段階・第2ステップへ~東部戦線からの包囲進撃めざす

◆各国・各組織声明文 ◆IS関連 ◆クルド関連 ◆IS以外の武装組織

◆デリゾール軍事評議会も展開~東部戦線ラッカ10キロ圏内へ
イスラム国(IS)の拠点都市、ラッカの攻略へ向けた「ユーフラテスの憤怒作戦」を進めるシリア民主軍(SDF)は、2月17日、作戦の「第3段階・第2ステップ開始」を宣言する声明を発表した。ラッカ東部近郊への進撃にはデリゾール軍事評議会が合同して展開し、ラッカとデリゾールを結ぶ要衝を分断しラッカ包囲を目指す作戦目標を掲げている。将来的なデリゾールからのIS排除も視野に入りはじめた。ラッカ東部戦線の進撃速度は速く、一部の東方の前線ではラッカ中心部まで10キロ圏内に迫ったとも伝えられている。以下、声明全文。(一部意訳)

【動画1】ユーフラテスの憤怒作戦・作戦室声明(2017/02/17) 一部意訳
IS「首都」ラッカ攻略作戦「第3段階・第2ステップ開始」声明を読み上げるジハン・シェイク・エヘメド作戦室広報官(中央)。左はデリゾール軍事評議会ハメド・アブ・ハウラ議長。右はSDF作戦部隊ディジワル・ヘバット・セレカニエ司令官。

シリア民主軍(SDF)声明・ラッカ解放作戦
第3段階・第2ステップ
(2017/02/17)

【ユーフラテスの憤怒作戦・作戦司令室声明】

ユーフラテスの憤怒作戦・作戦室は、ユーフラテスの憤怒作戦の第3段階における第2ステップ開始をここに宣言する。我々はラッカ東部近郊地域を解放する第1ステップの進展をうけ、このたび新たなステップを開始する。

f:id:ronahi:20170221042650j:plain

左はシリア民主軍(SDF)、右はデリゾール軍事評議会の旗。デリゾールの名所、ユーフラテス川にかかる吊り橋(ジスル・アル・ムアラク)が描かれている。

 

 

この第2ステップでは、ラッカ近郊の東部地域に展開し、また(ラッカを)デリゾールから隔離包囲することを目指す。この進撃は、わが軍の地上における勝利的展開と、テロに対抗する国際有志連合軍の上空からの支援のもとになされる。ラッカの隔離と周辺のテロリストの包囲は重要なステップとなろう。

この地域一帯はデリゾールと近接しているため、デリゾール軍事評議会が東部方面から有志連合軍の支援を受けながら効果的に進攻する。我々はラッカだけでなく、デリゾールの民衆に向けても、勝利は間近に到来し、テロ集団が敗北するという吉報を届けることとなろう。

地域の住民からのわが軍への支援に、あらためて感謝を表明する。また、作戦を有効に遂行するために、ダアシュ(IS)・テロリストの集合拠点から離れるよう、住民に呼びかける。

テロ集団とその支持者に恥辱を!
シリア民主軍とシリア全人民に勝利を!

シリア民主軍(SDF) 総司令部
「ユーフラテスの憤怒」作戦室

2017年2月17日

【動画2】有志連合軍によるラッカ近郊のIS自動車爆弾工場空爆
(2017/01/30・音声なし・24秒)
ラッカ近郊のISの自動車爆弾製造工場を有志連合軍機が空爆で破壊。上空から標的を選定して爆弾を投下しているということは、IS地域内に情報要員がいることを意味する。密かに通信手段を用いてSDFに標的を教え、有志連合軍の司令部に伝えている。SDF声明で毎回、「ISの集合地点からできるだけ離れよ」と住民に呼びかけがなされるのは、ISの軍事施設や車輌基地、武器庫などへの空爆による近隣住民の被害リスクを下げるためである。とはいえ住民がいても軍事的に破壊すべき標的と判断されれば、住民犠牲が予想されても爆撃が遂行されることもある。(CJTF-OIR公表映像)

f:id:ronahi:20170222094206j:plain

2月中旬頃の状況。現地情報と照合しながら地図を作っているのだが、進撃は速く、前線位置は刻々と移動している。SDFの東部戦線では、一部地域でラッカ近郊まで10キロ圏内に迫ったと報じられている。SDFは今回、ラッカの東部戦域でデリゾールをつなぐ要衝を攻略し、ラッカを包囲することを目標にするとしている。ただ、一気に攻め込むと、ISは住民を巻き添えに「総玉砕戦」に転じる可能性もある。ラッカとデリゾールの中間にあるマアダン近郊にはISに反発してきた地方部族もあり、これらの部族がSDF側につけば戦局はさらに動くだろう。

f:id:ronahi:20170221030132j:plain

SDFを主導するのはクルド組織・人民防衛隊(YPG)。それにアラブ人やトルクメン人らの合同部隊が参加している。写真はラッカ近郊の前線に展開するYPGの装甲車輌。(SDF映像)

f:id:ronahi:20170221030250j:plain

今回、SDF声明の映像に登場したデリゾール軍事評議会ハメド・アブ・ハウラ議長。昨年8月にISを排除したマンビジでは、軍事評議会が暫定統治機関となった。SDFはこの軍事評議会をラッカやデリゾールでも、攻略勢力の一部とし、ISを駆逐したのちには、軍事評議会が暫定統治機構に関与することになるとみられる。ただ、デリゾールはシリア政府軍が町の一部を死守しているため、ラッカ解放後にデリゾールに進撃するなら、なんらかの調整がなされることもと予想される。カミシュリやアレッポではYPG-SDF主体の勢力とアサド政権が分割統治しており、状況次第ではこうした形になるのではないか。(SDF映像)

【動画3】 ISと交戦するSDF部隊(2017/02/10)
前線でISと交戦するSDF部隊。デリゾールもラッカもアラブ人が趨勢の町で、住民の多くはIS支配に苦しみ壊滅を願う一方、IS以後にクルド勢力の意向を受けた評議会が実質統治をすることに不安を抱く者も一部にいる。またトルコは、YPGがラッカ解放の主体となることを懸念し、YPGを支援するアメリカに対して繰り返し懸念を表明している。(SDF映像)

◆IS・イラク・シリア・クルド情勢の
新着記事はツイッターで案内しています>>

広告を非表示にする

【動画+写真30枚】イスラム国(IS)戦術分析(18)◆戦闘員養成5・各地に広がる軍事キャンプの脅威(イエメン・リビア編)

◆IS戦術分析 ◆IS関連

◆各地に拡散したIS軍事キャンプ【動画+写真30枚】
2014年にはシリア・イラクにまたがって広大な地域を支配下に置いたイスラム国(IS)。その後、イラク政府軍やシリアのクルド組織・人民防衛隊(YPG)の攻勢を受け、現在、ISは後退局面にある。一方で、ISはイエメン、リビアアフガニスタンといった政権基盤が弱いイスラム圏で、権力の真空状況に付け入る形で拠点作りを進めてきた。シリア・イラクでISが壊滅したとしても、別の地域でISが活動を続ける可能性もある。今回はイエメン・リビアに広がる脅威を軍事キャンプから考察。

【IS動画・日本語訳】イエメン軍事キャンプ(2015) 一部意訳・転載禁止
シリアから遠く離れた場所ながら、イエメンでも軍事教練の基本メニューは共通しているようだ。前回のアフガニスタン軍事キャンプ同様、専門の軍事教官が派遣されていることが伺える。この映像は2015年4月公開で、ドローンが空撮に使われている。砂漠の射撃訓練という単調な映像だが、低空飛行による空撮やアングルを変えて撮ったりと工夫が凝らされている。ワイヤレスマイクも使い、V字型に整列した戦闘員がひとりづつメッセージをつないでいく演出まで計算している。

f:id:ronahi:20170226133109j:plain

ISが最も勢いがあった2014年夏頃は、シリア・イラクで掌握していた地域の面積をあわせると、日本の半分近くに及ぶほどだった。さらに、エジプト、イエメン、リビアアフガニスタン、西アフリカ、北コーカサスチェチェン・ダゲスタンなど)に地下拠点を作り、その一部を「県」(ウィラーヤ)として宣伝してきた。ほかにもバングラデシュ、インドネシア、フィリピンなどにも浸透を図ろうとしている。シリア・イラクでISを叩けば壊滅するのではない。政情不安や混乱が続く「権力の真空地帯」にISが入り込めば、あらたな拠点となる可能性がある。(地名の呼び名など細かいところが間違っていたらすみません。だいたいあってると思います)

f:id:ronahi:20170218230730j:plain

【イエメン・サナア】 冒頭で紹介した動画が公表されたのは、2015年4月。イエメンでは政府軍とフーシ派勢力が衝突し、サナアを占拠、大統領の辞任など政権が崩壊するなか、アルカイダ勢力も加わって騒乱が続き、フーシ派が「政権掌握」を宣言した時期である。さらにサウジアラビアも軍事介入している。そうした混乱状況のなかでISも拠点作りを進めていた。アルカイダ勢力に比べると規模は小さいが、プロパガンダ映像のレベルはアルカイダをしのぎ、宣伝効果は高い。(2015年・IS映像)

f:id:ronahi:20170218230755j:plain

【イエメン・アダン】 写真はアデン地域のシェイヒン軍事キャンプ。イエメンはアルカイダ勢力基盤だった。現在もアルカイダはイエメンでの存在感は優位にあるものの、ISはシリア・イラクでの台頭のなかイエメンにも勢力浸透をはかってきた。ISは治安機関に対する襲撃や自爆攻撃も繰り返し、メディア部門を通じて「戦果」を報じている。(2015年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218230929j:plain

【イエメン・アダン】 シェイヒン軍事キャンプ。ISがクオリティの高い動画や写真報告で軍事キャンプの映像を数多く公表し、スンニ派に結集を呼びかけた意味は大きい。(2015年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218231035j:plain

【イエメン・アダン】 ISに使われる車にTOYOTAの文字。悲しい。日本車の間違った使い方である。(2015年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218231143j:plain

【イエメン・ハドラマウト ISに使われるカメラにSONYの文字。やはり悲しい。日本製ビデオカメラの間違った使い方である。(2015年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218231235j:plain

【イエメン・ハドラマウト】 2015年10月のイエメンのメディア活動を特集した写真。「メディア班の講習」とあり、ワークショップでチームが撮影を学んでいる。ISがメディア戦略を重視しているのがわかる。イエメンにありながらこうしたことを組織できる能力や、戦略性にも注目すべきだろう。また、捕らえた敵兵をカメラの前で斬首するISの「手法」も、共通して用いられている。(2015年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218231310j:plain

【イエメン・ハドラマウト イエメン・ハドラマウトにあるシェイク・アナス・アル・ナシュワン軍事キャンプ。(2015年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218231333j:plain

【イエメン・ハドラマウト サナアの軍事キャンプ同様、ここも共通した教練メニューがあるようだ。指導者バグダディを頂点とするIS組織の軍事部門が、運営・統制していることが伺われる。(2015年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218231409j:plain

【イエメン・ハドラマウト これはハルワラと呼ばれるアラブ式駆け足のひとつ。上半身は動かさず、膝を交互に高く上げて、ジャンプするように走る。以前、イラク軍の基地を取材したときに兵士に教えてもらったが、かなりキツかった。(2015年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218231436j:plain

【イエメン・ハドラマウト】 RPG-7ロケット砲を撃つ訓練。(2015年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218231457j:plain

【イエメン・ハドラマウト ロシア製のPK機銃。ISでは、ベー・カーとかビー・ケー・シーと呼ぶ。(2015年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218231530j:plain

【イエメン・ハドラマウト 銃を携えるときに、引き金に人差し指をかけず、伸ばして添えている。銃の扱いの基本だが、訓練を受けていない場合はこれができていなかったりする。こうしたところにもISの教練指導が徹底されていることがわかる。(2015年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218231700j:plain

【イエメン・ベイダ】 これは別のキャンプ。2016年12月に公開された写真。同年8月にシリアで空爆によって死亡したIS広報官、アブ・ムハンマド・アドナニの名前を冠したベイダの軍事キャンプ。早くもアドナニをキャンプ名にするプロパガンダの戦略性を感じさせる。(2016年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218231649j:plain

【イエメン・ベイダ】 これもアブ・ムハンマド・アドナニ軍事キャンプ。戦闘服一式が真新しくみえるので、撮影用に支給されたものではないだろうか。(2016年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218231821j:plain

【イエメン・ベイダ】 アドナニ軍事キャンプ。指導教官が至近距離で実弾を撃ち込んでいく。(2016年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218231856j:plain

【イエメン・ベイダ】 背面匍匐前進でも、実弾が撃ち込まれる。鬼教官である。(2016年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218231936j:plain

【イエメン・ベイダ】 タイヤを引っ張る匍匐前進。目の前に実弾。教官、鬼すぎる。(2016年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218232100j:plain

【イエメン・ベイダ】 対人格闘訓練。説明の文字には「イングマスィ課程」とある。イングマスィは以前も紹介したが、いわゆる突撃決死隊のことで、写真では突撃決死戦士の訓練をしていることを伝えようとしている。実際に突撃精鋭部隊を養成しているのか、一般戦闘員の教練でもあえてこうした表現にしているのかは不明。(2016年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218232129j:plain

【イエメン・ベイダ】 ナイフ格闘訓練。(2016年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218232152j:plain

【イエメン・ベイダ】 最後はバグダディへの忠誠(バヤア)を表明して、連帯感を強める。(2016年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218232222j:plain

リビア・バルカ】 ここからはリビアリビア東部「バルカ県」(=キレナイカ)のシェイク・アブ・アル・カハターニ軍事キャンプ。カハターニとは、おそらくISのリビアでの幹部だったアブ・ナビル・アンバリのことと思われる。2015年11月、リビア・ダルナの米軍の空爆で死亡している。軍事キャンプの名前は、高名な指導者や指揮官の名前を冠することが多い。(2016年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218232252j:plain

リビア・バルカ】 有刺鉄線をくぐる訓練。これはIS以外にも武装各派や、イラク軍もやっているので、IS独特というわけではない。(2016年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218232309j:plain

リビア・バルカ】 リビアの混乱に乗じて支配地域を獲得したISだが、一部地域では、リビアの統一政府勢力がISを駆逐しつつある。また米軍が空爆作戦を進めるなか、拠点を失うなどしているが、いまも攻防戦が続いている。(2016年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218232335j:plain

リビア・バルカ】 カラシニコフ銃など各種武器の分解整備。(2016年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218232414j:plain

リビア・バルカ】 「理論学習部門」とある。RPG-7ロケット砲の砲弾の種類を教えている。破片榴弾対戦車榴弾、サーモバリック弾、タンデム榴弾などの違いを学んでいるようだ。こうした映像教材を作って、プロジェクターで上映するといった体系的なメニューが軍事キャンプの教練課程に取り入れられているのがわかる。(2016年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218232452j:plain

リビア・バルカ】 学習では、軍事講習のほかに、信仰・教義、シャリーアイスラム法)が徹底的に教え込まれる。(2016年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218232539j:plain

リビア・バルカ】 建物の突入制圧訓練。このような攻略突撃にあたる戦闘員はムカタハミーンと呼ばれる。(2016年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218232611j:plain

リビア・バルカ】 「救急救命措置の講習」とある。(2016年・IS写真)

f:id:ronahi:20170218232640j:plain

リビア・バルカ】 これは足の負傷時の措置と思われる。地域を越えて体系立った訓練メニューや教練課程が存在することの意味は大きい。一つの拠点を壊滅させても、いつでも各地に伝播し、すぐに戦闘員が養成される可能性がある。(2016年・IS写真)

f:id:ronahi:20170219003211j:plain

リビア・バルカ】 基本教練の課程を修了すると、右手を差し出して忠誠を誓う儀式がおこなわれる。ISはこれをバヤアと呼ぶ。いわゆる各国の軍隊の宣誓式にあたる。ISは何に忠誠を表明するかというと、バグダディ指導者である。彼のために喜んで命を差し出すことをともに宣言する。作戦前に志気を高める時も円陣を組んで忠誠の言葉を唱和する。イラク・シリアから遠く離れたリビアの地でもバグダディへの忠誠がなされる。(2016年・IS写真)

IS軍事キャンプ戦闘員養成シリーズまだ続ける予定です

<< 前へ  IS戦術分析(16)◆戦闘員養成4(アフガン編)<<

◆IS・イラク・シリア・クルド情勢の
新着記事はツイッターで案内しています>>

広告を非表示にする

【シリア民主軍SDF声明・全文】イスラム国(IS)拠点、ラッカ攻略・第3段階を宣言~ユーフラテスの憤怒作戦

◆各国・各組織声明文 ◆IS関連 ◆クルド関連 ◆IS以外の武装組織

◆ラッカ西部・北部に続き東部戦線から進撃
シリア民主軍(SDF)が進めるラッカ攻略のための「ユーフラテスの憤怒作戦」の進展状況について、同司令部・作戦室は、2月4日、作戦が第3段階に入ったと宣言した。ラッカはイスラム国(IS)の「首都」とされる最大拠点のひとつ。イラク・モスルではイラク政府軍が奪還戦を進めるなか、シリア・ラッカのIS「本陣」にはSDFが迫りつつある。昨年11月にラッカ攻略作戦が開始されて以降、1ヵ月ごとに段階が進み、今回は3段階となった。これまでのラッカ西部・北部に加え、今回は東部方面からの進攻を作戦の目標に掲げている。以下、声明全文。(一部意訳)

f:id:ronahi:20170216095731j:plain

戦闘状況は2月上旬のもの。あらたに始まった東部戦線からの進撃は速度を早めている。ほぼ1か月ごとに作戦の段階が進み、ラッカ包囲網が狭まっている。ラッカ住民の懸念のひとつが、ISを追い込みすぎるとタブカ・ダムをISが爆破し、地域一帯に洪水を起こして住民ごと殺戮するのではないかということだった。SDFの攻略部隊もISの要衝を分析ながら前線に展開している。

シリア民主軍(SDF)声明・ラッカ解放作戦第3段階開始(2017/02/04)

【ユーフラテスの憤怒作戦・作戦司令室声明】

ダアシュ(IS)がいまもって支配する地域を解放するためのラッカ西方の地方部で軍事作戦が継続されるなか、ラッカ近郊部ならびに都市部を解放する作戦の第3段階を開始したことを我々はここに宣言する。

f:id:ronahi:20170216155140j:plain

ラッカ攻略作戦・第3段階を宣言するジハン・シェイク・エヘメド作戦室広報官。(SDF映像)


第3段階においては、ラッカ東部方面の地方部ならびに都市部の解放や、ダアシュ・テロリストが自らの終焉の近づくなかで激化させている蛮行から、民衆を救うことを目的とする。とりわけ我々は、各層からなる誇りある民衆の支持に加え、国際有志連合軍のさらなる支援を大いに受けながら作戦を進めている。有志連合はわが軍の進撃を上空空域から援護をはかり、地上においては(有志連合軍の)特殊部隊の支援も受けている。

これらはいずれも地元の部族長諸氏や有力人士によって歓迎されている。軍事作戦の完遂は我々の主要事項であり、ここにいま、この(第3)段階を迎えるに至った。

ユーフラテスの憤怒作戦の今回の段階は、これまで作戦に参加したすべての軍事組織諸勢力とともに継続される。さらにこれには本作戦室が主導する戦闘の過程で最近解放された地域の多数の青年たちや、このたび編成された地元民からなる軍事組織諸勢力がダアシュと戦う国際有志連合軍の訓練・武器の支援を経て加わることとなる。

ラッカでの決戦とその近郊地域の解放において、テロリストが集まる拠点等から距離をおいて離れるよう住民に呼びかける。またわが軍が各自の地域に到達した際の支援を求めるものである。

これに加え、わが部隊の進攻に際して、住民はわが方が統制する安全地域に一時退避することを求め、さらにはラッカの意志ある男女諸氏がそれぞれの地域の解放を果たせるよう、わが軍に参加することをここに呼びかける。

シリア民主軍(SDF) 総司令部
「ユーフラテスの憤怒」作戦室

2017年2月4日

f:id:ronahi:20170216100222j:plain

2月4日、ユーフラテスの憤怒作戦・第3段階の開始を宣言するSDFの合同部隊。クルド組織・人民防衛隊(YPG)とその女性部門(YPJ)が主導的役割を果たしている。(SDF映像)
ユーフラテスの憤怒作戦のこれまでのおもな声明
第1段階・開始声明 (2016/11/06)
第2段階・開始声明 (2016/12/10)
第2段階・戦果報告 (2017/01/16)

f:id:ronahi:20170216100418j:plain

前線ではSDF部隊とISの激しい戦闘が続く。ラッカ攻略作戦・第3段階では、新たに東部から展開し3方向でラッカに迫ることが宣言された。(SDF映像)

f:id:ronahi:20170216100728j:plain

ISとの戦闘を進めるのは容易ではない。展開する地域にはたくさんの農村があり、住民がいる。まず住民の避難先を確保して安全路を開いて防衛しながら誘導し、被害を最小限にしなければならない。ISは住民を「人間の楯」とするため移動を阻んでいる。写真は戦闘から逃げてくる住民。(SDF映像)

f:id:ronahi:20170216100432j:plain

避難誘導保護については、子どもや高齢者もいるうえ、戦闘が続くあいだ住民の食料や避難場所の確保も必要だ。農家には生計のためのヒツジ・牛などたくさんの家畜もいるので置いたまま村を去ることもできない。地元部族との調整も不可欠である。ISに協力させられていた部族をどう取り込むかが作戦に大きく影響する。ラッカ攻略作戦の声明で毎回、部族について感謝を表明しているのはこうした背景がある。また、ISを地域から駆逐しても、いたるとことに設置された仕掛け爆弾を処理しなければならない。写真は戦闘地域から脱出してきた住民に食料を配るSDF部隊。(SDF映像)

f:id:ronahi:20170216100452j:plain

IS地域から逃れ、着用を強いられていたヒジャブを脱ぎ捨てる少女も。(SDF映像)

f:id:ronahi:20170216101503j:plain

戦闘を避け、IS地域から脱出してきた子ども。(SDF映像)

f:id:ronahi:20170216100509j:plain

ラッカ攻略へ向けては、上空から有志連合軍の空爆と、地上のSDF部隊が連携しながら進撃している。写真左は米軍のA-10攻撃機と思われる。(SDF映像)

f:id:ronahi:20170216100619j:plain

IS系メディア・アマーク通信が、「ラッカでの米軍による空爆被害」として公開した、破壊された橋の映像。空爆で住民を殺戮し、インフラも破壊していると伝えている。空爆ではIS部隊の移動を阻むため橋梁なども標的にされる。空爆被害に一般住民が巻き込まれているのは事実で、「ラッカ解放作戦」には、こうした戦争の現実がある。(アマーク通信映像)

◆IS・イラク・シリア・クルド情勢の
新着記事はツイッターで案内しています>>

広告を非表示にする

【IS動画・日本語訳】歌から読み解くシリア・イラクでの戦争(22) 元ラップ歌手アブ・タルハ~過激主義に苦悩するドイツ

◆歌から読み解く戦争 ◆IS関連

◆過激主義対策を強化するドイツ当局
ドイツからシリア入りした戦闘員問題や、国内各地であいついぐ襲撃事件をうけて、当局は過激主義につながる団体の取締りを強めてきた。集会でISの旗を掲げるのを禁止したり危険人物からのパスポート没収などの措置があげられる。それでもドイツではこの1年で、IS関連の事件が繰り返される結果となった。

【動画・日本語訳】 アブ・タルハ・アル・アルマニ(ドイツ語)一部意訳・転載禁止

歌っているのはドイツ出身の元ラップ歌手でIS戦闘員となったアブ・タルハ・アル・アルマニ(本名デニス・クスペルト)。これまでにも記事を書いたが、彼もイスラム国(IS)のプロパガンダで大きな役割を担った人物だ。ドイツでイスラムに入信し、過激組織ミラトゥ・イブラヒムで活動後、シリアに入り、他の武装組織を経て、当時の「イラク・シリアのイスラム国(ISIS)」に参加した。聴いてわかるように、彼はナシード歌手としては、歌がかなり下手である。以前、記事に書いた「いざ、ジハードへ」はナシードと彼が得意なラップを融合させ、悪い意味で「発展」を遂げたと言えるかもしれない。この映像が公開されたのは2014年4月頃。IS公式映像ではなくて、ミラトゥ・イブラヒム系メディアから出されたもの。戦闘員たちはドイツ語で合唱しているが、全員ドイツ出身者ならけっこう集まっているようだ。

過激主義団体の活動禁止命令も出されている。2012年にはミラトゥ・イブラヒムが活動禁止となり、昨年11月には、イスラム団体「真の宗教」の拠点10州200か所を一斉捜索し、活動禁止を命じた。「真の宗教」はドイツ各地の街頭でコーラン無料配布する活動で知られるが、一方でシリアへの戦闘員を勧誘したとして以前から問題となってきた。

f:id:ronahi:20170213074812j:plain

国防総省は2015年10月、アブ・タルハがラッカ近郊での空爆で死亡と発表したが、IS側は沈黙し、その後も撮影日は不明なものの彼が登場する映像も公開された。昨年夏、「死亡写真」も出回り、モスルの病院で死亡とされたが、今年1月末にはシリア・ホムスで生存説も出るなど生死は不明。写真右が昨年SNS上に出回った「死亡写真」。

f:id:ronahi:20170213231924j:plain

ミラトゥ・イブラヒムは2011年、ゾーリンゲンを中心に結成。翌年5月にはドイツ当局から活動禁止命令が出たが、この組織や関係者からシリアに渡り、IS入りした者がかなりいる。右がアブ・タルハ。左はオーストリア出身で同組織の幹部だったアブ・オサマ・アル・ガリブ(本名ムハンマド・マハムード)。彼もISに加わり、2015年8月、シリア・パルミラで政府軍兵士を銃殺する映像に登場している。

「真の宗教」の広報物には過去に日本人青年も登場している。どんな宗教であれ、信仰に目覚め、団体に入って活動することは別に問題ない。ただ、それが宗教の名の下に過激主義を志向する組織やカルトなら話は違ってくる。

ISに日本人の戦闘員や協力者がいるかどうか、国内の「窓口」にメディアの関心が寄せられてきたが、いつか日本国外で、それもイスラム圏でないヨーロッパで過激主義組織に「オルグ」される例も出てくるかもしれない。

f:id:ronahi:20170213171504j:plain

ドイツやイギリスなどの街頭でコーラン無料配布運動「LIES!(読め!)」を続けてきた「真の宗教」。左がリーダーのイブラヒム・アブ・ナギ。右は昨年11月、「真の宗教」に対する活動禁止を発表するデメジエール連邦内務相。(左・YouTube/右・連邦内務省映像より)

f:id:ronahi:20170210140248j:plain

昨年11月、ドイツ各地の「真の宗教」の活動拠点への一斉家宅捜索。写真は警察によるベルリンでの家宅捜索で押収されるパソコン。(ARD映像より)

内戦に陥ったシリアが強力な磁場となって、世界各地の過激主義者を引き寄せた。そしてその支配地域から戦闘員が各国の仲間に決起を呼びかけ、さらには自身が自国に戻って攻撃を企てようとしている。

治安当局による取り締まり、国内で過激主義を生まない土壌作り、ISの犠牲となっている難民の受け入れ、そしてイラクのクルド地域政府への軍事支援など、ドイツは様々な形でISや過激主義問題と向き合っている。

f:id:ronahi:20170212185218j:plain

ISの登場によってドイツのイスラム過激主義者(サラフィスト)が生まれたわけではない。シリア内戦前から過激組織は拡大しつつあったし、同時に右派市民やネオナチ系団体によるモスク建設反対などの反イスラム運動も起こっていた。両派の衝突を象徴する事件のひとつが、2012年、ゾーリンゲンでの事件。ムハンマドを侮辱する肖像を掲げた右派のデモに、過激サラフィストらが対峙。衝突を阻止しようとした機動隊に過激主義者がナイフで襲いかかるなどし、多数の逮捕者が出た。ネオナチはドイツのイスラム教徒増加への不安を煽り、他方、イスラム過激団体は移民たちが抱える不満や怒りに付け入り、非和解的な宗教対立のようにしようとした。ただしサラフィストが深刻な問題となっているのは事実だが、多くのイスラム移民は過激思想と関係のない普通の市民であり、一部の事例を全体化して見るべきではない。(写真・左DAPA/右ドイチェヴェレより引用)

f:id:ronahi:20170210061115j:plain

ドイツは警察の取り締まりだけでなく、過激主義を生まない取り組みも進めてきた。これは連邦移民・難民局(BAMF)が製作したパンフ。イスラムの信仰と、過激主義とを混同させないようにし、きちんと見極めることの重要さや過激思想に傾倒した青年らを救った実例をあげて解説している。移民や難民が過激主義に感化されるのを防ぐため、家族や友人らが変化に気付いたらすぐに相談できる専門機関やケアワーカー制度についても案内し、多言語で配布。

f:id:ronahi:20170210115231j:plain

ドイツはイラククルディスタンペシュメルガ部隊に軍事支援を行なうなどしてきた。写真はドイツに招かれたクルド兵に、連邦軍兵士が対戦車誘導ミサイル・ミランの発射訓練をしている様子。(2014年・ドイツ連邦軍映像)

f:id:ronahi:20170210115602j:plain

ISの台頭でシリアから多数の難民が発生し、またヨーロッパ各地でISによる襲撃事件があいつぐなか、ドイツはイラククルディスタン地域に連邦軍部隊を派遣。ISと戦うペシュメルガ部隊を現地で軍事訓練し、また多額の武器をクルディスタン政府に供与した。写真はアルビルでペシュメルガを訓練するドイツ連邦軍兵士。(2016年・ドイツ連邦軍映像)

<< 前へ【IS動画】歌から読み解く(21) ドイツ人戦闘員ジルビオ

◆IS・イラク・シリア・クルド情勢の
新着記事はツイッターで案内しています>>

広告を非表示にする

【IS動画・日本語訳】歌から読み解くシリア・イラクでの戦争(21) ドイツ人戦闘員ジルビオ(ドイツ語)

◆歌から読み解く戦争 ◆IS関連

◆多数のドイツ出身者がIS戦闘員に
映像が公開されたのは2014年5月。イスラム国(IS)が宣言される直前、まだイラク・シリア・イスラム国(ISIS)の頃だ。ムジャ・ツイート(ジハード戦士のツイート)として戦闘員のメッセージや支配地域の様子を伝える映像短信シリーズの第1弾に登場したのが、ドイツ人戦闘員、ジルビオ・コブリッツだった。この当時27歳。

【動画・日本語訳】 ドイツ人戦闘員ジルビオ(2014)(ドイツ語)一部意訳・転載禁止

この映像が出た翌月には大都市モスルを制圧し、さらにバグダディが「カリフ」を名乗る宣言をするなど、ISがもっとも高揚していた時期である。ジルビオに続こうと、シリア入りしたり、渡航を計画した者も少なくないはずだ。IS映像やSNSを通じて、彼らがシリアで「活躍」する姿が伝えられ、それがさらにドイツ国内にいる若者の一部を過激主義に感化させた。

わずか1分のシンプルな映像だが、ドイツですでに知られていたジルビオがシリア入りしたのち、ISの公式映像に登場したことは過激主義支持の若者たちにインパクトを与えた。

シリア内戦に加わったドイツ人は、IS以外も含めて700人前後といわれる。ジルビオのような、いわゆる「金髪・青い目」のドイツ人や、イスラム系移民のドイツ国籍保持者などだ。

f:id:ronahi:20170210061001j:plain

ジルビオは2012年にシリア入りしたとされる。過去にはメルケル首相暗殺予告をし、2014年8月にはドイツにあるアメリカの核関連貯蔵施設を攻撃せよ、などとメッセージを発している。

f:id:ronahi:20170210061023j:plain

ジルビオは、IS内では組織名アブ・アッザム・アル・アルマニを名乗っていた。「アルマニ」とはドイツ人やドイツ出身者を指す。

ドイツのイスラム過激主義者は、過激サラフィストやサラフィ・ジハーディストと呼ばれ、当局は国内に7500人前後のサラフィストがいると見ている。デモでは警官をナイフで襲撃したり、イラク出身のヤズディ教徒グループやネオナチ集団と衝突する暴力事件も起こしてきた。

シリアへのおもな入国ルートだったトルコの国境警備が厳しくなったいま、ISは支配地域への「移住」ではなく、それぞれの国で十字軍と戦え、と呼びかけている。そして昨年は実際にヨーロッパ各地で、ISやその支持者による襲撃事件もあいついだ。

f:id:ronahi:20170210061041j:plain

左はドイツにいた頃、テレビ局の映像に映っていたジルビオ。右は2014年8月、ノルトライン・ヴェストファーレン州の治安対策会議で、過激スラム主義について州内務大臣名で出された報告文書。ジルビオ・コブリッツについても詳細に触れられている。ドイツにいた頃はイスラム過激組織ミラトゥ・イブラヒムに関わり、同州のエッセンやゾーリンゲンで活動するなど当局にはすでに監視されていた人物で、家宅捜索も受けている。その後、消息を絶ったジルビオを治安当局は指名手配。

外国からISに参加した彼らは、目の前で起きている「イスラム革命」「カリフ制再興」に心を躍らせたかもしれない。そしてジハード戦士として自分もその一部を担っていると胸を高鳴らせただろう。

だが彼らの「理想郷実現」のために、多数の地元住民が犠牲となった。ISに組織的に拉致された数千人のヤズディ教徒の女性・子どもが奴隷とされ、幼い女児までレイプされた。

f:id:ronahi:20170210061059j:plain

2014年10月、ベルリンでの治安機関のテロ対策会議で上映されるジルビオの映像。(シュテルン誌より)

f:id:ronahi:20170318043235j:plain

2012年5月、ゾーリンゲンでの右派系市民やネオナチ団体による反イスラムデモ(左)に、サラフィストグループ(右)が対峙。サラフィスト側と機動隊が衝突し、多数の逮捕者を出した。右端(赤い円で囲んだ男)はジルビオと思われる。この数ヵ月後には、シリア入りしたのではないか。(YouTubeより)

イラク人、シリア人の地元戦闘員には米軍の占領やイラクシーア派政府やシリア・アサド政権への復讐心や、わずかでも給料が出るからと家族を養うためにISに入隊した者も多い。

他方、外国人戦闘員のなかにはムスリム同胞への義侠心に駆られた者もいるだろうが、切り落とした人間の首を手にした写真を嬉しがってSNSに投稿したり、いまでも拉致女性を戦闘員どうしで転売している現実を前にすると、彼らの掲げる「ジハード」とは何だったのかという気持ちになる。

f:id:ronahi:20170210061129j:plain

IS映像にはドイツからの戦闘員が多数登場。写真はいずれも組織内部での名前で、すでに死亡した者もいる。

<< 前へ 【IS動画】歌から読み解く(20) 「勝利に満ちたわがイスラム国よ」(ドイツ語)

次へ>> 歌から読み解く(22) 元ラップ歌手アブ・タルハ(ドイツ語)

◆IS・イラク・シリア・クルド情勢の
新着記事はツイッターで案内しています>>

広告を非表示にする

【シリア民主軍SDF声明全文】イスラム国(IS)拠点に迫る~ラッカ攻略作戦・第2段階の成果を強調

◆各国・各組織声明文 ◆クルド関連 ◆IS関連 ◆IS以外の武装組織

◆「ユーフラテスの憤怒作戦」ラッカに28キロ地点まで展開
イスラム国(IS)と戦闘を続けるシリア民主軍(SDF)は1月16日、IS「首都」ラッカ攻略のための「ユーフラテスの憤怒作戦」の第2段階の進展状況に関する声明を発表した。SDFはクルド組織・人民防衛隊(YPG)とその女性部門YPJや、アラブ人、トルクメン人、キリスト教徒の武装組織諸派から編成され、合同部隊としてISと対峙してきた。昨年11月に始まった作戦以降、ラッカ西部・北部からISの要衝を制圧。国際有志連合軍の空爆支援などを受けながらISの本拠ラッカに迫りつつある。以下は声明全文。(一部意訳)

f:id:ronahi:20170205205420j:plain

1月16日、前線地帯で声明を発表するSDF、「ユーフラテスの憤怒作戦」司令室指揮官ら。中央の背の高い男性はSDFタラル・セロ司令官。左の女性はジハン・シェイク・エヘメド作戦司令室広報官。その左がロジュダ・フラットYPJ作戦部隊司令。SDF・YPG合同部隊は、昨年11月6日に開始したユーフラテスの憤怒作戦以降、ラッカ西部、北部の要衝を攻め落としながら進撃を続けてきた。(SDF写真)

シリア民主軍(SDF)声明(2017/01/16)

【ユーフラテスの憤怒作戦・作戦司令室声明】

ラッカ県の住民の要請に応え、ラッカ解放作戦の第2段階が2016年12月10日開始された。作戦は現在も継続されている。シリア民主軍(SDF)のための軍事評議会による共同合意のもと、本作戦は、この地域一帯におけるダアシュ(IS)の脅威を排除する目的で主導されてきた。

f:id:ronahi:20170205211455j:plain

SDFは1月上旬には、西部の最前線からラッカまで28キロの地点に進軍したと発表。ISも自爆攻撃などで激しく応戦し攻防戦が続く。(SDF写真)

ユーフラテスの憤怒作戦・第2段階においては以下のことが達成された。

197の村落を含む2480平方キロの地域、多数の農地、戦略的丘陵部、ジャアバル城が解放された。これにより、ラッカ解放作戦の開始からあわせてのべ3200平方キロの地域が解放されたこととなる。この地域内には236の村落、農地、丘陵が含まれる。ラッカ市は西部・北部から包囲されたこととなる。

ダアシュ(IS)のテロリスト、260名以上を殺害し、戦闘現場において115遺体を回収し、18名を拘束した。また多数にのぼる武器、弾薬、軍用車輌、砲撃関連部品を鹵獲。爆弾車輌40台を無力化し、うち多くが標的到達前に撃破された。

わが軍によってラッカ西部の近郊地域の数千の民間人が解放され、村落からダアシュ(IS)の脅威が排除され、安全が確保されたのち、住民の多くが家々に戻ることとなった。SDFはこれら住民に対し、支援物資の配布を継続している。

ラッカ解放作戦の開始以来、地元の(ラッカの)西部地域の有志が2500人以上がSDFに参加した。これら地元戦闘員は、国際有志連合の支援のもと訓練を受け、武装を進めてきた。アラブ人、クルド人同胞とともに肩を並べて戦ったイギリス、カナダ、アメリカからの有志3名を含む、わが方の戦闘員42名が戦死した。

ユーフラテスの憤怒作戦司令部として、最前線地域でわが軍を支えたラッカの地方部の大いなる住民に感謝を表明する。いかなる代償を払おうとも、わが住民を防衛することを約束するとあらためてここに明示する。

我々はラッカ市民に対し、この好機を捉え、各自の地域での評議会の結成、各勢力からなるシリア民主軍に参加する地元行政機構の設立など、ラッカ全体の解放のため、それぞれが組織すべく動くよう呼びかける。また、前線でわが軍を支援する国際有志連合とその軍事専門家たちに感謝を表明する。

解放されたラッカ近郊部の住民のための治安、医療、住民支援機関の分野で支援をしてくれたコバニ自治行政委員会にも深く感謝する。わが軍は、ラッカ解放作戦の開始以降、多大なる成果を達成した。

我々はラッカを解放し、シリアのすべての地からテロの脅威を取り除くため、テロリスト・ダアシュ(IS)に対する戦いを継続する。

シリア民主軍(SDF) 総司令部
「ユーフラテスの憤怒」作戦室
2017年1月16日

f:id:ronahi:20170205205824j:plain

SDF部隊の進攻を受け、IS側は1月6日、ジャアバル城から退却。城は12世紀頃に建てられたとされ、アサド湖に面している。2014年、この地域に勢力を広げたISが制圧していた。ここからラッカ中心部へは直線距離で約45キロ。西部のSDF最前線からはラッカまで28キロに近づいた。(SDF写真)

f:id:ronahi:20170205210159j:plain

SDFはラッカ出身者などからなる進撃部隊の組織化を進めている。写真は軍事教練を経て、あらたに部隊に加わった新規戦闘員。(SDF写真)

f:id:ronahi:20170205210553j:plain

ISとの前線に展開するSDFの部隊。(SDF写真)

f:id:ronahi:20170205210226j:plain

SDFに協力を表明した地元部族。地方では部族の力は大きく、ISも部族を統制することを通じて広大な地域で支配を固めることができた。部族長たちにとっては、家族や部族領民を守るために、力のある者に従うしかない現実がある。ただSDF側は、非協力的な部族長に締め付けを強くすることはあっても、ISのように処刑したりはしない。情勢が動けば地元部族が一気に転向する可能性があり、戦況を左右することになる。(SDF写真)

f:id:ronahi:20170205210307j:plain

YPGには外国人義勇兵も参加し、ISとの戦闘やマンビジでのトルコ軍の空爆などで死亡している。今回の声明で触れられた戦闘員はカナダ人ナザレノ・アントニオ・タッソネディ(左)、イギリス人ライアン・ロック(右)。それぞれラッカ北部と西部での前線で死亡。YPGは左翼的性格が強いこともあり、西側諸国からの外国人義勇兵には左翼系運動の元活動家も多い。YPGは中央統制や規律が厳格で、思想性も求められるため、ISと戦いたいだけの安易な考えで志願しても排除されるといわれる。写真はYPGが公開した「戦死公報」。(YPG写真)

f:id:ronahi:20170205210425j:plain

先月23日、ISは戦報として、イギリス人ライアン戦闘員の死体写真を公開。「ジハード戦士に踏みしだかれる十字軍の死体」と説明がつけられている。写真の一部をぼかしています。(IS写真)

◆IS・イラク・シリア・クルド情勢の
新着記事はツイッターで案内しています>>

広告を非表示にする

〔トルコ〕イズミール裁判所爆弾事件、クルディスタン自由の鷹(TAK)が声明(全文)

◆各国・各組織声明文 ◆クルド関連

◆オジャランPKK指導者の写真・スローガン、TAK声明から消える 
1月5日、トルコ・イズミールの裁判所付近で自動車爆弾が爆発、容疑者と警官とが銃撃戦となり、容疑者2名を含む4名が死亡した。この事件について、11日、クルド武装組織「クルディスタン自由のタカ」(TAK)が攻撃を認める声明を出した。以下、声明全文(一部意訳)。

f:id:ronahi:20170204125217j:plain

事件は1月5日、トルコ西部イズミールで起きた。裁判所の入口付近に不審車が近づこうとし、警察が阻止。容疑者は車から出て警官と銃撃戦となり、車体を爆破。容疑者2名は現場で射殺されたが、別の1名は逃走したと地元メディアは伝えている。警官1名、裁判所関係者1名と容疑者2名の計4人が死亡、7名が負傷した。容疑者の遺留品からはAK-47自動小銃やRPG-7ロケット砲が見つかっており、周到に準備した攻撃だったことが伺える。(地元メディア写真)

クルディスタン自由の鷹(TAK)声明文

報道機関ならびに社会世論へ

2017年1月5日、イズミール裁判所前において、我々、クルディスタン自由の鷹(TAK)は、英雄的行動を遂行した。この行動は、烈士チェクダル報復隊によって勝ち取られたものである。

「最も平和で安全な観光と商業の地」であったイズミール都市部が攻撃され、トルコ共和国植民地主義が、我々の作戦行動によって破壊と敗北をたたきつけられるなか、ファシストAKP政権は心理的特殊戦争をもって、そのダメージを徹底して覆い隠さんとしている。

わが作戦行動によって生じた多数の死者とその結果を、ファシスト機構とそのメディア機関が必死になってが隠蔽しようとしていることは、大衆とわが人民にとっては周知のことである。わが同志、ゼルデシュトとピルドアンの両戦士は、クルディスタンにおいてなされているわが人民への虐殺攻撃に対する満身の憤激のもと、いかなる容赦も見せず、敵-ファシスト植民地主義者-への車輌爆破攻撃戦闘を英雄的に敢行し、烈士となった。

戦車、砲弾、ヘリや戦闘機で我々の町々を爆撃し、家々を戦車でひき潰し、クルド人民を家から追い立て冬空の下に引きずり出し、子どもや老人たちを問わず、抵抗する者を問答無用で処刑し、数週間にもわたって遺体を路上に放置し、装甲車で引きずり、負傷者にガソリンをかけて焼殺するような者たちにとって、クルディスタンの勇敢なる息子の同志たる我々はどこであろうと悪夢となり続けるだろう。

我々の前には、植民地主義者のいかなる機関も正当性などない。わが人民を拷問し、権利を剥奪し、屈辱を強いるトルコ共和国のすべてのファシスト機関・組織は、必ずやその代償として、我々の攻撃にさらされるだろう。

イズミールの街頭に散ったゼルデシュト、ピルドアン両同志の武器は、TAKの自己犠牲決起戦士が引き継ぎ、さらなる報復戦闘として炸裂することを知るがいい!

TAK万歳!
ゼルデシュト、ピルドアン両同志万歳!
烈士が死することはない!(訳注:戦闘で死んだ同志の魂はいつまでも消えることはない)
クルディスタン自由の鷹(TAK)
2017年1月11日

f:id:ronahi:20170204125831j:plain

写真は裁判所付近でTAK容疑者の銃撃戦で殉職したフェトヒ・セキン警察官。「自ら犠牲となってテロを阻止しようとした英雄」としてトルコ・メディアは大きく伝えた。右はイズミール警察による葬儀。幼い娘が棺の前で泣き崩れる姿も報じられた。

f:id:ronahi:20170204125906j:plain

トルコ政府は、TAKをクルディスタン労働者党(PKK)の別同部隊と見なしている。TAKはPKKについて、「クルド人民に対してなされるファシストの戦争に対してPKKは穏健すぎる」としている。PKK側は、TAKの過激路線について明確に批判しない。またTAKの自爆事件などで死亡したメンバーの多くが過去にPKKに関与するなどしている。写真はイズミールでの事件を伝えるトルコ紙。

f:id:ronahi:20170204130051j:plain

TAKは、1月11日、ウェブ上で声明を公表し、攻撃を認めた。声明文にある「烈士チェクダル報復隊」とは、昨年12月17日、カイセリでトルコ軍兵士13名が犠牲となった自爆攻撃で死亡した戦闘員チェクダル・ヘバットから付けられている。今回の声明ではイズミール裁判所襲撃で死亡した2名のメンバーについて詳細を記述。写真左、ゼルデシュト・リュステム・エルダル(30歳)・本名ムスタファ・チョバン(カフラマンマラシュ県出身)と写真右、ピルドアン・アララト(26歳)・本名エネス・ユルドゥルム(アール県出身)だとしている。トルコ政府・エルドアン政権を「ファシスト植民地主義者」と規定する捉え方は、PKKと共通している。イズミールでの事件後、エルドアン大統領は、「卑劣な攻撃は治安部隊の決意、国民の団結をさらに強めるだけであり、テロに屈することはない」とする声明を出した。

f:id:ronahi:20170204130138j:plain

これまでTAKは声明の最後にはPKKのオジャラン指導者を称えるスローガン「ビジ・セロク・アポ」=トルコ語ではヤシャスン・バシュカン・アポ(オジャラン指導者万歳)を入れてきた。TAKは、PKKとの組織的関係はない、としながらも、「クルド人民全体の領導者」という位置づけがあると見られ、オジャラン釈放を掲げてきた。ところが、昨年12月17日のカイセリでのトルコ軍兵士を乗せたバスへの自爆攻撃(兵士ら14名死亡)での声明以降、この言葉が使われなくなっているほか、12月10日のイスタンブール・スタジアム攻撃の声明で、公表時にあったオジャラン指導者万歳の文言のみが消えている。またサイト上にあったオジャランの写真もなくなっている。推測だが、オジャランを支持しなくなったのではなく、PKKと一体とみなされないようにする意図が働いているではないか。一連の自爆事件では多数の民間人が死傷し、無差別攻撃を批判するクルド人も多い。またTAK関連容疑で摘発もあいついでいて、こうした状況が影響したのではないかと思われる。ただ、武装闘争は今後も継続すると宣言するなど、各地で攻撃が続くことが懸念される。

[動画] YouTube上では、銃激戦の映像が投稿されている。中央の青いバンの後ろから容疑者が発砲していると見られる。警官が倒れ込むようすが写っている。(YouTubeより)

◆IS・イラク・シリア・クルド情勢の
新着記事はツイッターで案内しています>>

広告を非表示にする